転職の不安を解消する方法|転職活動中・転職前に感じる不安をケース別に解説

キャリアアップや希望の業種で働きたいなど、転職を考える理由は人それぞれですが、転職活動に不安はつきものです。転職の不安には、大切なことをあやふやにしていることから生じているものもあり、要因をはっきりさせることで取り組むべきことに集中でき不安も解消できます。転職活動の時期別に、転職にまつわる不安の要因とその解消法についてご紹介します。



1.転職にまつわる不安と解消法

ビジネスマンにとって転職は大きな変化であるため、転職を考えたときから内定を獲得するまでだけでなく、内定獲得後にも転職に関する不安や心配は尽きません。以下の時期に分けて、それぞれの時期に多い転職に関する不安と解消方法についてご紹介します。

  • 転職検討中
  • 転職活動中
  • 内定獲得後

転職活動を一人で行うと、相談できる相手もいなくて不安が大きくなりやすいものです。転職エージェントを利用して、人材コーディネーターに転職活動をサポートしてもらいましょう。

1.転職検討中

転職検討中の次のような不安の多くは、情報不足や転職をする意思が固まっていないことによるものです。

  • 本当に辞めて後悔しないか
  • 今の職場に迷惑がかからないか
  • 転職したいがどんな仕事がしたいか分からない
  • 転職活動がスムーズに進むのか
  • 希望の企業に転職できるのか
  • 仕事と転職活動の両立はできるか

ここから転職活動を始める前の段階での、不安の要因と解消方法についてご紹介します。

本当に辞めて後悔しないか

転職を考え始めた際に特に強く感じるのが、「今の仕事を辞めること」に対する不安です。このような不安は、転職をした先の未来が具体的になっていないことで生じます。5年後、10年後に自分がどう働いていたいと思うのか、実現したいビジョンを明確にすることから始めましょう。そのビジョンから逆算して、今何をするべきなのか、転職するならどんな企業が良いのかを考えます。

そして、転職先を調べていくことで、求人の時期や待遇、求められるスキルなどが分かります。このように、長期的な視野を持って転職活動を行うことで、「辞めて後悔する」ことを心配するよりも、転職をするにしてもしないにしても「やらなければ後悔する」という前向きな気持ちになれます。

今の職場に迷惑がかからないか

転職を考えていても、「上司や同僚の目が気になる」という人や、「人手不足の職場で辞めると言いだしにくい」と思っている人は少なくありません。このような不安は、同僚と今まで通りの関係を維持できなくなってしまうことへの喪失感と、今自分が担当している業務がどうなるのかという心配が混ざり合ったものです。

上司や同僚の目が気になるという場合には、今ある人間関係にとらわれてしまっていることが原因です。転職経験者に話を聞いたり、資格取得のための勉強を始めたり、勤務先以外に目を向けるようにしてみるとよいでしょう。担当業務に関する心配がある際には、年度替わりなどの異動シーズンに合わせて退職するようにすれば、職場への迷惑を気にする必要はありません。時間的余裕をもって転職活動を進めていくことで、不安は解消することができるのです。

転職したいがどんな仕事がしたいか分からない

「とにかく今の仕事を辞めたい」という思いだけで転職活動をすると、成功したとしても同じように苦しむかもという不安が膨らみます。まずは現在の職場を辞めたい理由を明確にして、その理由をクリアできる条件を整理することが大切です。こうすることで、安心して自分に向いている仕事はどんな仕事なのか、自分は転職して何がしたいのかを考えられます。

仕事探しは転職サイトの職業適性診断や、好きなことの延長線上にあるような仕事を探すなどの方法があります。また、「夜間勤務に向いていない」「デスクワークに向いていない」など、自分には向いていない働き方を消去していく方法で絞り込んでいくことも有効です。いずれにしても転職活動を成功させるためには、十分な自己分析を行って方向性を定めることが大切です。

転職活動がスムーズに進むのか

転職活動を進めようとしても、うまくいかず無職になってしまったら?という不安から一歩を踏み出せないという人は少なくありません。今の仕事が忙しければ忙しいほど、転職活動に時間をさけるのかどうかが不安になるものです。

転職経験者に話を聞いて転職活動のタイムスケジュールを作成したり、企業研究をしたりして、とにかく動いて見通しをつけることが大切です。希望する企業や業界のリサーチをしておくことは、入社後にイメージと違ったなどの後悔を防ぐことにもつながります。

それでも、転職すること自体に迷うようなら、もう一度自己分析を行って、本当に転職したいのかを考え直してみることも必要かもしれません。

希望の企業に転職できるのか

転職活動をする際の条件が高いほど、また転職先が定まっているほど、希望の企業に転職できるかどうかという不安は高まります。書類選考や面接で、目的とする企業に自分のキャリアや強みを評価してもらえるかどうかも気になるところです。既に目標とする企業が定まっているのであれば、企業研究をする傍ら、履歴書や職務経歴書を作成して、その企業との相性を見直し、自分の強みも明確に意識していくこともおすすめです。

仕事と転職活動の両立はできるか

働きながら転職活動をすることには、収入が途絶えないことと、履歴書上のブランクができないというメリットがあります。また、転職活動中に「今の会社にとどまる」という選択肢ができることも安心材料になるでしょう。しかし、毎日の仕事をこなしながらの転職活動は、スケジュール調整がうまくいかない可能性もあるというデメリットがあります。

転職では、働きながら次の職場を見つける人が大半を占めます。そのため、オンライン面談や面接の日程調整に応じてくれる企業も少なくありません。実際の転職者の体験談を参考にしたり、転職者用のサイトを活用したりして、転職活動のタイムスケジュールや面接の方法などの実際を知ることから始めると安心できます。

転職エージェントを利用すると、あなたにあった求人とのマッチングや面接などのスケジュールの段取りなど、働きながらの転職活動をサポートしてくれます。少しでも気になる方は以下よりご確認ください。

「LalaWork」の人材コーディネーターへのご相談はこちら

2.転職活動中

転職活動を実際に始めてみて応募する企業の選定や、応募や選考などの段階に入ると、新たな不安が生じるものです。転職活動中の不安や悩みには、次のようなものがあります。

  • 転職活動の期間の目安はどれくらいか
  • 面接でどんなことを聞かれるか
  • また選考に落ちるのではないか

ここから転職活動を始めてからの、不安の要因と解消方法についてご紹介します。

転職活動の期間の目安はどれくらいか

転職活動を始めると「いつまで転職活動をしなければならないのか」という不安を感じるようになります。転職活動は3カ月から6カ月程度かかるのが一般的ですので、自分なりにタイムスケジュールを把握しておくことが大切です。

転職活動をするかどうかを検討していた段階で、転職したい企業を決めていた場合には、準備をして応募から面接までに2カ月程度、その後5~6週間、つまり3カ月程度で結果が出ます。オンライン面接だと、もう少しスパンが短くなる傾向があります。

まだどんな企業に転職したいのか、どんな仕事がしたいのかを迷っている段階であれば、自己分析や企業研究に時間がかかることも考えられます。自己分析などの時間をないがしろにするのではなく、今、自分が転職活動のどの段階にいるのかを把握して、その段階ごとに進捗をとらえることで、不安のストレスは軽減します。

面接でどんなことを聞かれるか

書類選考を通過して、いよいよ面接となると、面接でどんなことを聞かれるのかが不安になるかもしれません。実際に、学生のときの就職活動の際、面接で嫌な思いをしたという人にとっては、大きなプレッシャーになるでしょう。

しかし、新卒採用の面接と転職の際の面接には、社会人として働いた経験の有無という大きな差があります。漠然とした得意な分野ではなく、経験と実績に裏付けられた強みがあるのです。面接で自分の強みを具体的な業務や実績を挙げて説明できるようにしておくことで、自信が生まれ堂々と答えられます。面接の一問一答を考えるのはほどほどにして、自分の強みを、自分の言葉で語れるようにすることで、不安も解消するでしょう。

また選考に落ちるのではないか

書類選考でも面接選考でも、落ちてしまうとショックを感じるものです。過去に落ちた体験がある人にとっても、これまで順調に来た人にとっても、「選考に落ちるのではないか」という不安を感じるのは当然です。しかし、求人を出している企業は無数にあります。目標とする企業を絞ることは大切ですが、あまり思いつめないようにすることも必要です。

転職エージェントなどに登録すれば、応募する企業以外の情報も収集できて気持ちにゆとりが生まれますし、選考に落ちてしまったとしても新たな企業を紹介してもらえるため、気持ちを切り替えて次に向かうことができます。また、自分の強みの分析や履歴書・職務経歴書の作成、面接の受け答えなどのサポートなどが受けられます。

「LalaWork」の人材コーディネーターへのご相談はこちら

3.内定獲得後

内定をもらってから初出社までの期間は、達成感と新しい仕事への期待が膨らむ時期です。しかし、期待が大きいのにまだ仕事が始まらないことによる、いわゆる「予期不安」には次のようなものがあります。

  • 新しい職場に馴染めるか
  • 仕事をこなしていけるのか
  • 希望通りにキャリアを積めるか

ここから転職活動の内定獲得後に感じやすい不安と、その解消方法について解説します。

新しい職場に馴染めるか

内定が決まってホッと一息ついた後に、ジワジワと心にわいてくるのが新しい職場に関する不安です。なかでも新しい職場に馴染めるかどうかという不安には、実際に働き始めてみなければ分からないとしか答えようがありません。とはいえ、多くの場合、顔を合わせたら挨拶をして、その会社のルールについては周囲に教えてもらえば、問題なく過ごせるものです。

つまり、新しい職場のルールを覚えて、挨拶を始めとしたコミュニケーションをとり、分からないことはすぐに聞いて、アドバイスをもらったら感謝を告げて素直に受け入れるようにしていれば十分です。職場は仲間を作りに行く場ではなく、仕事をする場です。あまり悩まずに、新しい職場で、積極的に仕事に取り組んでいくことを考えるようにするほうが有意義だといえるでしょう。

仕事をこなしていけるのか

キャリアにいくら自信があっても、新しい職場で新しい仕事をこなしていけるかどうかは不安になるものです。「企業側が内定を出したのだから、仕事をこなしていけると評価されたのだ」という自信を持ち、仕事に役立ちそうな勉強をしたり、自分の強みを強化したりすることが大切です。資格取得やスキルアップのための時間を作ってみるのもよいかもしれません。

また、自分が苦手だけれど仕事上必要なことがあるようなら、積極的に取り組んでみることもおすすめです。

希望通りにキャリアを積めるか

転職という第一関門を突破した後だからこそ、自分のキャリアプランをじっくり考えるチャンスです。いつまでにどんな実績を積んで、何のスキルを身につけるか、独立なども考えるのかなど計画を立ててみることで、今やらなければならないことを明確にすることができます。

キャリアプランを考えることで、新しい職場での仕事が自分のキャリアにとってどんな意味合いを持つのかが明確になります。頭の中で考えるだけでなく、表や図に書き出しておいて、新しい職場で働き始めてからも随時見直していきましょう。

2.まとめ

転職はキャリア上の大きな転換であり、転職活動に不安はつきものです。不安のなかにはその要因をはっきりさせることで解消できるだけでなく、転職活動やキャリアアップに役立つものもあります。転職活動を一人で行うと不安ばかりが大きくなってしまうものです。転職エージェントの人材コーディネーターに転職活動のサポートを依頼し、就職活動を成功させましょう。