働きながら転職活動する方法とメリット・デメリット|自分にあった方法で転職活動

転職の方法には、働きながら行う方法と退職してから行う方法の2種類があります。今回紹介するのは、働きながら行う転職活動についてです。

本記事を読むことで、職歴に空白期間を作らずに済んだり、余裕を持った転職活動をすることができます。そのため、現在働きながら転職活動をしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。



1.働きながら転職活動する方法

働きながら転職活動をする方法は以下の4つです。

  1. ハローワーク
  2. 求人サイト
  3. 転職エージェント
  4. 知人・友人の紹介

それぞれ、転職の流れやメリット、デメリットが異なります。

どの方法が適しているかを見つけるためにも、この章ではそれぞれの方法について1つずつ解説します。

ハローワーク

1つめは、ハローワークにて転職先を探す方法です。ハローワークとは、厚生労働省が設置する公共職業安定所のことです。職がない人や職を失った人が行くというイメージがありますが、就業中の方でも利用することができます。

ハローワークで転職活動をするメリットは以下のとおりです。

  • 求人数が多い
  • 職業相談ができる
  • 求人への応募を強いられない

ハローワークは求人が多いことが特徴なので、自身の条件に当てはまる求人が見つかる可能性は十分にあります。また、申し込むことで職業相談を受けることができます。職業相談とは、転職活動に関する悩みや疑問を尋ねたり、面接対策をしたりできるというサービスです。

一方で以下のようなデメリットもあります。

  • 質の悪い求人がある
  • すべてサポートしてくれるわけではない
  • 平日の夕方までしか開いていない

ハローワークの求人が多い理由は、掲載費用がかからないためです。そのため、どんな求人でも載せることができます。基本的には適切な求人が掲載されていますが、なかには書いてあることと実際の仕事内容に大きな違いがあるような求人が含まれている場合もあります。また、転職先を見つけるには自分から行動する必要があったり、開庁時間が平日の日中に限定されていたりするという点もデメリットです。

このことから、ハローワークでの転職活動は以下の人が向いているといえるでしょう。

  • 多くの求人から転職先を探したい人
  • 中小企業で働きたい人
  • 転職について相談相手が欲しい人

求人サイト

2つめは、求人サイトで転職先を探す方法です。求人サイトのメリットとしては以下が挙げられます。

  • 自分のペースで転職活動ができる
  • 求人サイトの種類が豊富
  • 求人が24時間探せる

求人サイトは、任意のタイミングで求人を探して応募できます。また、24時間検索できるので、日中仕事をしていても求人が探せることがメリットです。しかし、求人サイトには以下のようなデメリットも存在します。

  • 求人の良し悪しを自分で見極める必要がある
  • 面接日の交渉を自分で行う必要がある

このメリットやデメリットより、求人サイトでの転職活動は以下の方に向いているといえます。

  • 自分のペースで転職活動をしたい人
  • 無料で転職活動をしたい人
  • 日中仕事をしている人

転職エージェント

3つめは、転職エージェントを利用する方法です。転職エージェントは、専門の知識や経験を豊富に持ったコーディネーターのアドバイスを受けながら転職活動ができるサービスです。アドバイスの内容としては以下が挙げられます。

  • キャリアについて
  • おすすめの企業
  • 給与の交渉について
  • 面接について

また、上記の他にも転職エージェントには以下のようなメリットがあります。

  • 無料で利用できる
  • 他にない求人がある
  • 各種交渉を代行してくれる

この点だけをみると、転職エージェントが転職の手段として最適だとイメージするでしょう。しかし、転職エージェントにも以下のようなデメリットが存在します。

  • 応募に条件が設けられていることがある
  • コーディネーターとの相性が良いとは限らない

このように、求人の質が高くコーディネーターが存在するというメリットがかえってデメリットになるケースもあります。このことから、以下に当てはまる方が転職エージェントに向いているといえるでしょう。

  • 転職についてのアドバイスが欲しい人
  • ハズレの求人を引きたくない人
  • 採用される確率を上げたい人

転職エージェントはコーディネーターが存在するとはいえ、自分の意見も大切になります。そのため、すべてを人任せにする方は、かえって望む結果が得られないかもしれません。

知人・友人の紹介

4つめは、知人や友人の紹介です。企業で働いている知人や友人が、その企業を紹介して採用に至るという流れを「リファラル採用」といいます。リファラル採用のメリットは以下のとおりです。

  • 情報と実際の仕事内容の差が少ない
  • 融通が利く

実際に働いている人からの情報なので、実際の仕事内容や環境とのギャップが少ないです。また、友人や知人が対応してくれるので多少の融通であれば問題なく利くでしょう。しかし、以下のようなデメリットもあるので注意してください。

  • 採用された際に断りづらい
  • 自分にとって良い職場環境である保証はない

以上から、リファラル採用が向いている人は以下に当てはまる人だといえます。

  • 職場環境を先に知っておきたい人
  • 友人や知人と同じ職場で働きたい人

2.働きながら転職活動をするメリット

働きながら転職活動をするメリットは以下の3点です。

  • 無収入の期間を作らず働ける
  • 余裕を持って転職活動できる
  • 転職活動を辞めることもできる

無収入の期間を作らず働ける

働きながら転職活動をすることで、無収入の期間を作らずに済みます。

例えば、退職してから転職活動を始める場合、転職先が決まるまでは収入が止まっている状態です。そのため、今まで貯めていたお金を切り崩したり、お金を借りたりして転職活動をしなければいけません。しかし、転職活動をしている間も働くことで収入が止まることがなくなります。

このように、転職時の難点ともいえる「無収入の期間が生まれる」というデメリットを打ち消せるためメリットといえるでしょう。

また、職歴に空白の期間を与えないこともメリットです。一度退職すると、転職先が決まるまで職歴に穴が開いてしまいます。しかし、働きながら転職をすることで、退職してすぐに就職できるので職歴に穴が開くことはありません。このように、無収入の期間を作らないことや職歴に空白期間を作らないことがメリットです。

余裕を持って転職活動できる

余裕を持って転職活動ができる点も、働きながら転職活動をするメリットです。余裕が生まれる理由としては以下が挙げられます。

  • 収入が途切れることがないから
  • 転職に失敗しても職を失うことがないから

退職してから転職する場合、収入や職を失っている状態なので、焦りや不安が生まれてしまいます。その結果、転職において満足のいく結果が得られないことも少なくありません。しかし、余裕を持った状態で転職に臨むと、面接や試験などで良い結果を出せて、納得のいく転職活動ができるでしょう。

このように、余裕を持って転職活動ができる点も、働きながら転職活動をするメリットだといえます。

転職活動を辞めることもできる

転職活動を途中で辞めることができる点も、働きながら転職活動をするメリットです。転職をしたからといって、必ず希望の職に就けるわけではありません。そのため、働きながら転職活動をしていると「希望する転職先がなかったから転職を辞める」という選択をすることができます。

しかし、退職をしている場合だと、転職を辞めるということは無職になるということです。つまり「転職を途中で辞退する」という選択肢は実質的になくなるといえるでしょう。

これらを踏まえて、転職活動を辞めることができる点も、働きながら転職活動をするメリットだといえます。

3.働きながら転職活動をするデメリット

働きながら転職活動をするデメリットは以下の3点です。

  • スケジュール調整が難しい
  • 体力的にきつい
  • 転職活動をしているとバレないよう気を使う

スケジュール調整が難しい

働きながらの転職活動には、スケジュール調整が難しいというデメリットがあります。転職活動の内容としては以下が挙げられます。

  • 求人探し
  • 面接対策
  • 試験対策

これらを仕事の合間を縫って行う必要があるので、緻密なスケジュール調整を行わなければいけません。スケジュール調整を少しでも間違えると、転職活動に失敗したり仕事に悪影響を及ぼしたりすることもあるでしょう。

対策としては、転職活動を行う期間を設けることが挙げられます。期間を設けることで、転職活動に集中できるうえに効率の良い転職活動をすることが可能です。期間の目安は半年です。これ以上長引きそうなのであれば、しばらく期間を空けて挑戦するようにしましょう。

体力的にきつい

労働と転職活動を同時進行するのは体力的にきついです。

例えば、朝から夜まで働いて帰宅した後に転職活動を行うのは、体力がある人でもきつく感じるでしょう。疲れが溜まると、転職活動が滞るだけでなく、仕事にも悪影響を及ぼしてしまいます。

また、就職活動がうまくいかないと、今度は精神的なきつさも表れてしまいます。体力的にも精神的にもきつさが現れると、体調を崩して仕事も転職活動もできなくなるかもしれません。

対策としては、転職活動期間だけ休みの日を増やしたり、仕事の量を減らしたりすることが挙げられます。休みの日を増やしたり、仕事の量を減らしたりすることができない場合は転職活動に費やす時間を削るようにしましょう。

転職活動をしているとバレないよう気を使う

今働いている職場に転職をしていることがバレないように気を使わなければいけないのもデメリットです。

今の職場に転職をしていることがバレると、退職しづらくなったり、今の職場の何がいけないのかと思われたりする恐れがあります。また、人手不足を懸念して転職を禁止されるケースもないとはいえません。ですので、転職をする際はバレないように行うことが重要になります。

会社にバレないように転職活動を進める方法は以下のとおりです。

  • 不自然に休みを増やさない
  • 人間関係は保ったままにしておく
  • 転職関連の資料を職場に持ち込まない
  • 転職関連の連絡は家で行う

態度や生活リズム、スケジュールなどが大幅に変わると、その理由を聞かれることがあります。そこから転職していることがバレてしまうケースも少なくありません。

なお、転職活動を一人で行う自信がない方は転職エージェントがおすすめです。専門のコーディネーターが転職者にふさわしい求人を提供してくれるといったサービスが受けられるので、働きながら行う転職活動の負担を減らすことができます。

「LalaWork」の人材コーディネーターへのご相談はこちら

4.まとめ

働きながら転職活動をする方法は、基本的に通常の転職活動と変わりません。しかし、メリットやデメリットが異なります。

例えば、あらゆる面で余裕が生まれるのは働きながら転職することのメリットで、スケジュール調整が短く、体力的にきついのは働きながら転職することのデメリットです。

このようなメリットやデメリットを考慮し「それでも働きながら転職活動を行いたい」と考えるのであれば、さまざまなサービスが利用できることなども頭に置きつつ、そのまま転職活動に移りましょう。一方「働きながらの転職活動は厳しいかもしれない」と考えるのであれば、まずは退職をするところから始めてみてはいかがでしょうか。