効果的な採用サイトを作成するには|必要なコンテンツや作り方を紹介

ポイントを押さえた採用サイトの作成をすることによって、効率的かつ効果的な採用活動ができます。転職を考えている人の約50%が「採用サイトがある企業の方がポジティブに感じる」というデータもあるため、効果的な採用活動を行うためのツールと言えるでしょう。 しかし、「採用サイトを作るのは難しそう」というイメージを持っている採用担当者も多いと思います。

本記事では、効果的な採用サイトを作成するためのポイントとして、必要なコンテンツや作り方を紹介します。採用サイトを上手く活用して質の高い人材の確保につなげましょう 。



1.採用サイトを作成する目的

求職者に向けて採用サイトを作成し公開することで、どのような効果が得られるのでしょうか。求人サイトや広告の利用ではなく、あえて採用サイトを作成することで得られる効果を詳しく解説します。

求職者の関心を引く

自社で採用サイトを作成した場合、文字数や文体、掲載写真の数や内容に制限がなく、自由に作れます。自社の魅力を最大限にアピールできるため、求人媒体や広告を使うより求職者の関心を引きやすいのです。実際に働いている場面の動画を掲載したり、社員へのインタビューを掲載したりするなど、よりリアルな形で求職者へアピールができます。

自由度が高い採用サイトを作れば、自社ならではの強みを最大限に引き出し、見ている人に伝えることが可能です。求職者の関心を引くことができれば、効率的な採用活動にもつながるでしょう。

採用後のミスマッチを防ぐ

ミスマッチは離職率増加の原因につながるだけでなく、社員の仕事のモチベーションにも影響するため、求人数を増やすことも大切ですが、採用後のミスマッチを防ぐことも重要です。いざ働き始めて、「こんなはずではなかった」「こういうイメージは持っていなかった」という事態を防ぐには、採用サイトの活用が効果的です。

採用サイトをしっかり作り、企業への理解を深めてもらえれば、採用後のミスマッチを減らせる可能性もあります。実際に働いている場面や職場の環境を動画や画像でわかりやすいように掲載したり、社員のインタビューを行ったりするなど、入社後のイメージがしやすいような採用サイトを作りましょう。

自社のブランディング

採用サイトは「自社のブランド力を高める」「自社のブランドの方向性を伝える」という効果も期待できます。採用を強化するために、採用サイトを使用し自社のブランディングを行って、求職者に「この会社で働きたい」と思ってもらうことが大切です。

日本国内では少子高齢化が進み、各企業で人材の確保が問題となっています。採用の難易度は年々高くなっており、採用競争は今後も続くと考えられているのです。特に福井県は有効求人倍率(2022年6月は2.10倍)が51カ月間連続で全国トップであるため、採用難易度が高い地域となっています。

そのような状況のなかで求める人材を確保するためには、自社ブランディングが重要なカギを握っています 。具体的には、就活生は「社会貢献度が高い」ことを就業先を決める最大の理由としているデータもあるため、自社がどのような企業理念をかかげて社会貢献しているのかをしっかり伝えることも大切です。

採用サイトを通じて、自社の理念や社会への役割、労働環境や社風を上手くアピールし、「こんな会社で働いてみたい」と思えるブランディングをしましょう。

採用コストを抑える

採用活動を行うには、求人広告の掲載費や面接官の人件費、筆記試験の準備費用など、さまざまな費用がかかります。採用コストは決して安いものではなく、企業によっては捻出が難しい場合もあるでしょう。

採用サイトを自社で作成することで他媒体への広告費用がカットできるため、採用コストを抑えることが可能です。外部に作成を依頼する場合は依頼費用がかかりますが、一度作成すればその後も継続して使用し続けることができます。

2.効果の高い採用サイトを作るコツ

採用サイトはただ作ればいいというものではありません。PR効果の高いものを作ることで人材のマッチング、効率的な採用活動につながります。

では、具体的にどのような方法で採用サイトを作ればいいのでしょうか。サイトを作る際のコツをご紹介します。

採用情報の発信

自社の魅力をアピールすることも大切ですが、求職者が知りたいと思う内容をわかりやすくまとめて掲載することも大切です。また、求職者が不安に思うことや疑問に答えるということも意識しましょう。

例えば専門的なスキルが必要な職種の場合、具体的に必要な資格や経験を掲載し、そのうえで会社が資格取得や経験を積むためにどのようなサポートを行っているかを紹介することで、求職者は安心して応募ができます。

年間休日数や勤務時間帯、給与や勤務地など、人によって知りたいと思う部分は異なります。細かい情報もできる限り詳細に掲載し、採用情報として発信しましょう。

求職者の集客

自社で提供しているサービスに適した検索キーワードを使った記事や、LP(ランディングページ)など必要なコンテンツを作成し、自社サイトが検索エンジンの上位に表示されるようになれば、より多くの人に採用サイトを見てもらうことができます。とはいえ、上位に表示されるには、利用者にとって有益なサイトであると認識されなければならなく、かなりの知識と技術が必要になります 。そのため、キーワードリサーチや質の高いコンテンツ制作を行っている企業やプロに委託するのも1つの手段といえるでしょう。

企業の概要や職種、業種、雇用形態や応募条件など、求職に際して必要な情報を、わかりやすく記載しましょう。適宜内容を最新のものに更新していくことも大切です。

ただし、多くの人に見てもらえることが必ずしも応募数 の増加につながるわけではありません。応募数を増やすと同時に応募者の質を高められるように、採用サイトを上手く活用していく必要があります。例えば、ペルソナ(ターゲット)を明確することや、求人内容をより具体的に記載することなどの工夫が大切になります。

説明会やセミナーを開催する場合、採用サイトだけでなくSNSと組み合わせて情報を発信することで、より多くの人に情報を受け取ってもらえます。SNSは情報伝達のスピードが速いため、期間限定の情報やすぐ発信したい情報を掲載することに向いています。複数の媒体をフルに活用して、求職者の効果的な集客を行いましょう。

応募者の利便性

求職者の利便性を考えたサイト構築は、より多くの応募者を獲得することにつながります。例えば、最も見る頻度が高いトップページに説明会情報を設置したり、ボタンを押すだけでエントリーができるようにしたりするなど、応募者の立場に立って考えて、使いやすい採用サイトを作ってみましょう。

その他にも、メッセージアプリや各種SNSで応募者に対応できるようにすれば、より多くの応募者の獲得につながり、効果的な採用活動ができます。

3.採用サイトに必要なコンテンツ

採用サイトを作成するにあたって、求職者が必要とする情報を掲載することが大切です。知りたい情報を集めたサイトは好感度が高いだけでなく、より多くの人材獲得につながります。

採用サイトを作るにあたっては、以下のコンテンツを盛り込むことは必須です。

  • 募集条件
  • 給与
  • 福利厚生
  • 年間休日数
  • 勤務時間
  • 企業理念や事業内容
  • 詳細な仕事内容
  • 実際に働いている先輩社員の姿

その他にも必要に応じた情報を掲載しましょう。ただし、あまり多くの情報を掲載すると、応募者がどこを見るべきか迷い、サイトからの離脱率が上がってしまう可能性があります。伝えたい情報はしっかり精査し、応募者が求める情報をわかりやすくまとめましょう。

4.採用サイトを作る方法

採用サイトは自社で作ることも可能ですが、デザインやWebページの構築など、専門的な知識とスキルが必要です。自社でノウハウを持っていない場合、作成ツールを活用したり、外部に依頼したりするのも一つの手段です。

作成ツールには無料で利用可能なものもあり、場合によっては応募者管理までカバーできるなど、サービスが充実しているツールもあります。採用コストを抑えたい会社は、無料ツールを活用し作成してみるのもいいでしょう。

すべてを外部に依頼すれば、制作の手間は最低限に抑えることができます。また、写真撮影やインタビュアー、原稿ライターはプロに任せられるため、質の高いサイトが作れます。

ただし、ノウハウがないことを理由に制作を外部委託した場合、自社内でサイト更新が難しい場合は、スピーディーな対応はできません。また、外部依頼はコストがかかるため、採用活動にコストを割ける企業でなければ依頼は難しくなります。

5.まとめ

採用サイトは使い方、作り方によってはさまざまな効果が期待できます。応募者を増やすだけではなく、自社にマッチする応募者を集めたり、より質の高い採用活動につなげられるでしょう。

株式会社ウララコミュニケーションズでは、「月刊URALA」を30年以上発刊してきた、編集・デザインのクリエイティブで、御社のニーズに応える採用サイトを制作いたします。

そして、福井の求人総合サイトLalaWorkは、2022年8月に誕生しました。よりイキイキと働くための前向きな転職をサポートするサービスで、採用後のミスマッチを防ぐさまざまな工夫や、培ってきたヒアリング力を生かしたマッチングなど、LalaWorkならではの強みを生かしたサイトとなっています。

自社の採用サイトと組み合わせることで、より効率的かつ効果的な採用活動が可能です。福井エリアで人材採用を予定している企業は、ぜひお問い合わせください。

ウララコミュニケ―ションズの人材事業に関する媒体資料はコチラ